スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷鳥を待つ

IMG_2289-1.jpg


だいたい一時間に一本は485系雷鳥に会えると思って待っていたら、
「14時は無いですよ」とお隣で撮影していた方に教えて頂きました。

ちなみに私は時刻表を持参しているのに言われるまで知らない始末(笑)
皆さん、よく知っておられるな~

「あっ、ホントですね」とマイ時刻表で確認・・・
お隣さんは、ここで撤収。「お疲れさまです~」


仕方ない、あと1時間待つか・・・

1時間後・・・来ない・・・1時間10分後・・・20分後・・・来ない・・・30分後・・・

サンダーバードがやってきた(あれ?)
もう一度マイ時刻表をめくる・・・

雷鳥29号・・・日曜運転・・・
今日は土曜日!

30分後、
待ちくたびれた私の事など知らずに、涼しい顔して雷鳥がやって来てくれました。


ここで一句(自分用に備忘録)


ヨンパーゴ

14と15は(大阪発下り14時と15時)

お昼寝中


お粗末でしたっ!

コメント

非公開コメント

この場所って西側から編成写真が撮れる貴重な場所にして結構構図が難しいのですが、うまく切り取られましたね。
先日は日本海狙いで行きましたが日が当たらず、構図も失敗しました。
私も時刻表を調べるのが面倒で、一時間に一本は撮れると思うとなかなか来なかったり、どうでもいい時に来たりして…
最近は貨物列車の列車番号まで記憶されている方がいて、相手が何を言っているのか分からなかったりします。(^^;)
雷鳥も来年以降は撮影者が増えそうなので、早いうちに撮っておきたいですね。

BITOTABIさま

私もこの日は日本海までいました。
太陽はギリギリ山に隠れる手前でしたが、曇がかかってしまいました。
でも、この場所なら夕陽に照らされた日本海を撮ることが可能な事がわかりました。

雷鳥はまだまだいつでも撮れるって感覚がありますね。
でも後で振り返った時、思う存分撮れるのは今だったりするんですよね。
プロフィール

FUJI

Author:FUJI
いらっしゃいませ!

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。