スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月あかりの下で

IMG_1977-1.jpg

そう言えば、たまに月が大きく見える日があるけど、あれってどういう事だろう?と言う疑問を手掛かりに調べたら、水平線近くの月は大きく見えると言う事がわかりました。

それからというものの、いつか大きな月と列車を撮りたいと思い、日の入りと月の出の時間の関係を調べるようになりました。
そして晴れていて、なおかつ自分が撮影に行ける日をずっとずっと待ち焦がれていました。

昨日、その全ての条件がやっと整って満を持していざ撮影に臨みました。
まだ夜間の撮影に慣れていないので、何度も設定をやり直し上手く撮れてるのかいないのか、よく判らないまま時間は過ぎました。

家のモニターで見るまでは、ここまで見られるものが撮れているとはわかりませんでした。
正直、ホッとしました。
今の自分の力では撮れていて良かった・・・というのが嘘の無い気持ちです。
色んな偶然にも助けられて、形として残せて良かったというものになりました。

コメント

非公開コメント

No title

月の位置を狙われていたとは…
月の写真は明度差があってなかなか難しいですが、うまく写されていますね。

昔、中近東で見た月の異様な大きさにびっくりしましたが、そういえば地平線付近でした。
空気の澄み具合とかも関係あるのでしょうか。

それにしても、場あたりに撮っている自分の戦略の無さに反省です…

No title

幻想的ですね
夜中にブルートレインから眺めた、暗闇を行く貨物列車を思い出しました。

月と一緒に・・・
素敵ですね。

BITOTABIさま

ありがとうございます。
たくさんシャッターを切って何とか形になってくれて良かったです。

今日、もう一度月の事を調べてみましたら、大きく見えるのは錯覚だとか、いやそうでないとかで諸説あるみたいです。
空気の澄み具合の影響まではちょっとわかりませんでしたが、とにかく今までずっと狙っていたのですが、月が雲に隠れない日に巡り合うまで時間がかかりました。

私はBITOTABIさんの様々な場所で果敢にチャレンジされている姿勢はすばらしいと思います。

sakura498さま

ありがとうございます。
幻想的ですか?(嬉)この次ももっと良くなるようがんばります。

個人的には暗い風景より明るい風景が好きなのですが、月だけは撮ってみたかったのです。
何とかお見せできるものが撮れて良かったです。
貨物列車は夜、人目に付かない所でも自分の仕事を黙々とこなすシブイ奴ですね。
プロフィール

FUJI

Author:FUJI
いらっしゃいませ!

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。