スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西の私鉄特急電車を紹介します 2



関西の私鉄特急映像集の第2弾です。

個性的なデザインと色彩豊かな関西の私鉄電車たち。
その中でも華やかな特急電車たちを集めてみました。

前回紹介しきれなかった車両たち撮影しようと出掛けてみましたが
この個性的な車両たちを、できるだけ魅力的に映そうと自分の中でイメージを描き、撮影地の下調べをして、
撮りたい車両を自分のこだわったアングルで、理想の光線状態で撮りたいと
自分の中である程度のハードルを上げての撮影は、なかなか思うようには行きませんでしたが
少しでも多くの方に、この関西の個性溢れる車両たちを見て頂きたいという想いで第2弾を創ってみました。

今回撮りきれなかった車両たち、風景はまた次への宿題ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

関西のヘッドマーク、テールマークを集めました。



新年あけまして、おめでとうございます。

今回は、関西を走る国鉄型車両に付けられた華やかなヘッドマーク、テールマークを集めてみました。

このマークたちは、日本の四季やその風光明媚な風景、その土地の特徴たちを
鮮やかな色彩で柔らかいデザインとして表現している所が実に見事だと思います。

例えば、「つるぎ」「はまかぜ」といった実在する風景
「雷鳥」「きたぐに」などはその土地の象徴だったり
「あかつき」「くろしお」「日本海」「銀河」といった抽象的なものまで

マークを見ていると実際の風景が頭の中を巡り、想像力をかき立てられて実に楽しい思いをします。
今回調べて知ったのですが、この国鉄時代のデザインのほとんどは黒岩保美さんという国鉄勤務のデザイナーさんが担当されていたそうですね。

またJR以降後では、「やまとじライナー」「かにカニエクスプレス」「ムーンライト九州」などは実に愛らしいデザインだと思います。

もし、このマークたちが無かったら、列車の顔たちは実に味気ないものになっていた事でしょう。

もうすでに廃止になって今では見る事の出来ないマークたち、
まだまだ現役でがんばってるマークたちをお楽しみ頂ければと思います。

なお、この動画に収録されていない列車につきましては、ご容赦願います。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

関西の私鉄特急電車



ずっと撮りたかった「関西の私鉄特急電車」というテーマで撮影してきました。

JRからは色鮮やかな国鉄色の車両たちが次第に消えて行きつつありますが
ふと、自分の身近な関西の私鉄に目を向けると、その色鮮やかな個性あふれる車両たちの事を思い出したのです。

「ラピート」の青

「こうや号」の赤

 近鉄特急の黄色

 阪急マルーン
 
 京阪・阪神の美しいツートンカラー

物心付いた小さな頃から追いかけた大好きな色の車両もいれば
洗練されたのデザインの最新車両もいる

さすが「私鉄王国関西ここにあり!」を再認識しました!

関西の方はもちろん、関西以外の方にも観て頂けたらな~という想いで
テロップ入りで編集してみました。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

雷鳥9号 山科にて



ここの所しばらくは違う趣味に気持ちと時間が行っていましたが
ここに来てようやく雷鳥モードになりまして、この土日は湖西線へお出掛けしていました。

私にとってあまり馴染みのない湖西線
まずは、という事で山科駅で撮影
山科ですら撮影するのは今回が初めてで、全く勝手がわかってないままの朝一の撮影になりました。

今回、山科を選んだのは、雷鳥9号と日本海のダイヤを見ていると山科駅の東側ですれ違うであろう事を発見!

これはと思っていざホーム東寄りに行ったのですが、この時間は予想した通り逆光で
特にこの日は日差しが良くて完全に車体側面暗くつぶれる光だったので、
それならこの順光を生かしたポジションにとホーム西よりで撮った雷鳥9号になりました。

撮影の時に、望遠のコンバージョンレンズを付けなかったのですが
家で見ていると列車がカーブに差し掛かった時に特急のエンブレムマークが輝いているの見て拡大したくなりました。
編集ソフトでトリミングした分、ちょっと画質に影響していますね。
望遠レンズを付けるかどうか・・・
その場に行って判断の難しさ、撮影時のポイントですね。

ちなみにこの雷鳥の走って行く先を見つめていると、
遥か遠くに日本海のヘッドライトが!

複々線の端と端にはなりますが、ギリギリですれ違っているかな?という風に見えましたよ。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

雨の勢い

IMG_2648-3.jpg

どんよりの曇り空から突然の大雨。

こんなに降った時に撮るのは初めて!とテンション上がりつつ現場へ

ここの跨線橋、良い味出してるし、画になってくれるかな?

でも結構、構図難しい・・・

横位置で撮るもイマイチだったので

トリミングして何とかこんな風にしてみました。

色々と課題は残ったけど、雨の風景やっと撮れた。
プロフィール

FUJI

Author:FUJI
いらっしゃいませ!

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。